プロレスラーイケメン・新日本プロレスコンクルソの結果から見る男の肉体美!

2020年も、棚橋弘至選手の提唱で第2回目となる「新日本プロレスコンクルソ」の投票が行われた。

コンクルソとは、メキシコ・CMLLで行われているプロレスラーによるボディビル大会のこと。

もともと、プロレスラーの試合を見ている中でも、試合以外の見どころは多くある。

この筋肉美、肉体美もそのうちの一つではないだろうか。

順位もさることながら、新日本プロレスコンクルソの中のイケメンレスラーをピックアップしていこう。

新日本プロレス的コンクルソの概念は?

ボディビル大会の概念を越え、「誰の身体が一番カッコイイか、凄いか、好きか」を競う肉体コンテストとして、10名の選手が、自分の肉体美・筋肉美を存分にアピールするものとなっている。

投票は、2019年、2020年ともに12月の後半、LINE投票で行われている。

【第2回『新日本プロレスコンクルソ』結果発表!】“2代目ミスター新日本”は飯伏幸太選手!2位は棚橋弘至選手がランクイン!【WK15】
棚橋弘至選手が提唱して実現した第2回『新日本プロレスコンクルソ』! コンクルソとは? メキシコ・CMLLで行われているプロレスラーによるボディビル大会のこと。 2回目となった今回も『新日本プロレス...

2020年・2019年過去2年間の投票結果

2020年・第2回投票結果

第10位=ゲイブリエル・キッド選手(169票)

第9位=トーア・ヘナーレ選手(195票)

第8位=辻陽太選手(489票)

第7位=上村優也選手(597票)

第6位=本間朋晃選手(887票)

第5位=田口隆祐選手(983票)

第4位=SHO選手(2158票)

第3位=石森太二選手(2493票)

第2位=棚橋弘至選手(2583票)

第1位=飯伏幸太選手(3866票) 2代目ミスター新日本

2019年・第1回投票結果

第10位=トーア・ヘナーレ選手(107票) 

第9位=辻陽太選手(271票)

第8位=上村優也選手(273票)

第7位=YOH選手(360票)

第6位=田口隆祐選手(1438票)

第5位=棚橋弘至選手(2575票)

第4位=石森太二選手(2846票)

第3位=PIETERさん(3111票) ※棚橋弘至特別賞

第2位=飯伏幸太選手(3447票)

第1位=SHO選手(3574票) 初代ミスター新日本

2019年・7位 YOH選手

2020年6月の試合で前十字靱帯(じんたい)断裂と診断され、2020年後半の試合を欠場してるYOH選手。

YOH選手は、他の選手と比べて、体自体が大きいわけでもなく、体格がいい方でもない。

が、スタイルとしては細身と言っていいが、腕・背中・胸といったここぞというところの筋肉が、均等が取れた美しさを持っていると言っていい。

そこに加え、イケメンであり、ちょっとやんちゃさを見せるあたりは、カッコいいけど、可愛いといった女性ファンの心をくすぐるところでもあるだろう。

その肉体美を見れるが待ち遠しい。

2020年4位・2019年初代ミスター新日本 SHO選手

2020年は、お兄さんとの別れ、相方YOH選手の負傷による欠場と、辛いこともあったが、勝利でスタートして、勝利で2020年の幕を閉じた男である。

惜しくも、2020年は2019年2位だった飯伏幸太選手に、ミスター新日本の座を譲った結果となったが、それでも上位順位はさすがです。

試合で見せる、SHO選手の均整の取れた体は、力強さとエネルギーが全身から放たれていると言ってもいいほどに、美しい体です。

甘いフェイスに、この肉体美となれば、心をわし掴みにされている女性ファンも多いでしょうね。

そして、SHO選手はそれだけではない。

相方のYOH選手の負傷での欠場から、スーパージュニアにおいても、YOH選手と共にいるように、そして一人で二人分のパワーを見せてくれたと言ってもいいほどに、強さを増し、試合中に見せる切り返しなども、すごい勢いでパワーアップを果たしている。

2019年・5位、2020年・2位 棚橋弘至選手

棚橋選手といえば、筋肉というほどに、以前から肉体美は素晴らしい。

入場からリングの上がり、コスチュームを脱ぐときに見せる胸板の厚さ、筋肉の締りぐあいといったら、群を抜いています。

さすがコンクルソの提唱者なだけあって、体の鍛え方、筋肉の美しさに加え、ファンに向けての「愛してまーす」やエアハグ、エアギターも、試合のみどころの一部ですね。

ただ、一時期少しだけ筋肉美が・・・という時期もありましたが、さすがと言わざる負えないくらい、この時期までにはスタイルを戻せる、さらにそれ以上に鍛え上げてくるあたりが、棚橋選手。

2021年は、後藤選手に仮面ライダーの座を奪われてのショックもあるだろうが、ぜひ、2021年のコンクルソでは1位に輝いてくれることを期待しています!

2019年・2位 2020年2代目ミスター新日本 飯伏幸太選手

飯伏幸太選手の筋肉美は、DDT時代から変わることない、むしろ年々、体全体の筋肉美が増しているといってもいいだろう。

立っている姿、試合中に技をかけている姿と、飯伏選手の体の動きに合わせて、筋肉がピンと張る美しさは、ただキレイなのだ。

そして、男性ならば誰もが憧れる腹筋の割れ方は、誰よりも素晴らしいといっていい。

そして、かわいさを漂わせながらも、試合中に怒りがMAXに達した後の、真剣でありがむしゃらな表情は、感情すらも飯伏選手に鼓動と共に持っていか、一緒に呼吸をしているような錯覚さえ感じる瞬間がある。

まとめ

筋肉というと、ムキムキしているイメージ、ごつごつしているイメージ、硬いイメージを持っている人も多いだろう。

飯伏選手をはじめ、今回のコンクルソにエントリーしている選手の筋肉は、そんなイメージを払拭するほど、どのイメージも表現としては、しっくりこないと感じている。

まさに、肉体美と言う言葉がぴったりくるのだ。

新日本プロレス的コンクルソの概念である「誰の身体が一番カッコイイか、凄いか、好きか」を競う肉体コンテスト。

このカッコイイか、凄いか、好きかで、個人的な意見は分かれるだろう。

だからこそ、そこにイケメンという要素をプラスして、コンクルソの投票結果と併せてみてみたくなったのである。

イケメンというと、クールで表情はスマートと思うかもしれない。

が、プロレスラーのイケメンは、そうではない。

わたしの思うプロレスラーのイケメンとは、コンクルソに観る肉体美でもあり、マイクアピール、試合の時の機敏さ、俊敏さも外せない。

プロレスという、熱い男と男のぶつかり合いは、観ている観客ですら息をのむ瞬間もあれば、一緒に呼吸をしているような躍動感を感じられる感覚が、さらにプロレスへと心を奪われる一つではないだろうか。

毎年行われる東京ドーム「WK15」

1.4&1.5の開催が間近に迫ってきている。

2021年の新日本プロレスの熱い戦いの火ぶたが切られれう日まで、あともう少し。

『WRESTLE KINGDOM 16』特設サイト | 新日本プロレス
『WRESTLE KINGDOM 16』特設サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました