俺の家の話 7話 世阿弥のマスクデザインは誰に似てる?ゼアのポーズは?

長瀬智也の最後のドラマと言われている「俺の家の話」では、能楽とプロレスラーという全く別世界を介護を通して描いている。

親の介護は、いつか誰にでも訪れる、人生の中に起こる1つの課題のようなもの。

その介護を、楽しく、そして家族全員が真剣に向き合うストーリー。

その「俺の家の話」の第7話は、父の寿三郎の介護度が上がったりと、またまた問題が起こる。

家族旅行から戻った観山家に新たな問題が!

家族旅行から家族の関係も良くなり始めたころ、さくらが寿一にプロポーズの返事を求めたり、寿一の息子・秀生の親権を、元妻ゆかから寿一に変更する話し合いがあったり、さんたまプロレスの後輩・プリティ花が体幹を鍛えるために、観山家にやってくる。

冒頭から問題がてんこ盛りな状態。

11連敗中のプリティ花に、長州が体幹を鍛えろと伝えたことがきっかけで、観山家にやってきた花の登場で、父・寿三郎に世阿弥マシンであることがバレルのでは?と心配になる寿一。

ネット上では、すでに、ブリザート寿が世阿弥マシンなのでは?と話題になっていることも気になる寿一。

元妻・ゆかとの親権争奪戦のゴングが鳴ったと思ったら、離婚の本当の理由が明かされる

すんなりと進む予定だった息子・秀生の親権変更の話し合いに、ゆかの現在の夫が。まさかの秀生の父親になりたいと割り込んでくる。

話し合いが始まり、結婚に至った話では、大阪城ホールで寿固めを決めながら、プロポーズされたとか、出会いはファンレターを書いて、ファンの集いで出会ったなど、実際のシーンを想像させるような、羨ましささえ感じる話だった。

ここまでは良かったのだ、だが、寿一が離婚に至った原因を海外に2年行っている間に家庭を顧みなかったなどと話し始めると・・・。

突如、元妻・ゆかから、2LDKの家で殺気を放っている、海外に行って帰ってきたから離婚したんだ。

秀生の親権は譲らない、もう会わないで、能の稽古も行かせないと言って去ってしまう。

自分の思っていた離婚の原因と全く真逆だったことに戸惑う寿一。

能の面(おもて)が盗まれたり、寿三郎の介護度が上がったりと、まだまだ問題は起こる予感

一難去ってまた一難と言わんばかりに、次に起こった問題は、能ではとても大切な面(おもて)が、体験で来ていた外国人に盗まれる問題が起こる。

昔の彼女に面(おもて)を渡したことすら忘れている・・・と、寿三郎に検査入院を勧める。

検査入院から戻った寿三郎の介護度が、要支援2から要介護2に上がってしまったことで、また生活が一変する可能性がでてきた。

寿三郎が検査入院をしている間に、観山家では能の面(おもて)や衣装の確認、寿三郎の部屋の持ち物チェックを行った。

その持ち物の中に、プロレスラー・ブリザード寿だった時の週刊プロレスなどが見つかる。

プロレスラーに限らず、やはり親としては雑誌に掲載されたりすると、取って置くものなのだなと、微笑ましい1シーンだ。

※週刊プロレスは、ベースボールマガジン社から毎週水曜日に発売されている、プロレス情報の週刊誌。

プロレスラーの寿一、父親としての寿一はファンから見た長瀬智也の大きさに似ている

さくらが寿一に、寿一は物理的にもだけど、存在が大きい。

東京スカイツリーも大きくて、近くだと見えない、でも離れるとよく見える存在。

と、寿一を東京スカイツリーに例える言葉がある。

ドラマだけを見ていると、寿一のことのように思えるが、TOKIOの長瀬智也として、テレビ番組やこれまでに出演していたドラマでの演技をみても、そのまま「長瀬智也」に当てはまるように思う。

その存在を、違う視点から見ているのが、息子・秀生が書いた作文にも表れている。

お父さんがプロレスラーだった時は、プロレスラーに憧れ。

能をやったら、能に憧れ。

お父さんみたいになりたいと思う。お父さんはかっこいい。

息子からのこの言葉は、息子と真摯に向き合ってきた寿一のこれまでが、ここに集約されたように感じる。

そう思った瞬間、役柄は関係なく、実際に会ったことはないからわからないけど、長瀬智也という人は、存在も、懐も大きな男性なのではないかなと思ってしまう。

世阿弥マシンの決めポーズと決めセリフは永田裕志がモデル?

普段、新日本プロレスを観ていて、今更ながらどこかで聞いたことがある決めセリフだな・・・と思っていたら「ゼア」と決めポーズが「俺の家の話」の中にありました。

世阿弥マシンが言葉を話すときに、最後の「ゼア」とつけています。

最初は世阿弥の「ゼア」だと思っていたのですが、決めポーズもどこか、新日本プロレスレスラー・永田裕志に似ているような(笑)

さずが新日の第3世代と言われている、永田裕志。

永田裕志がモデルかどうかは、わかりません。

ここは完全に、わたしがそうかなと思っているだけなんですけどね(笑)

世阿弥マシンのマスクは、もしかしてBUSHIとドラゴンリーの合体なのか?

世阿弥マシンのマスク、あまりにはまっていて、こちらも似ているなーと思いながらも思いつかなったのですが、ふと思い出したんです。

世阿弥マシンのマスクバックにヒラヒラと2本の短冊のようになびいているもの。

それは、現在ROHにいる(以前は新日本プロレスリングにも上がっていた)ドラゴンリーのマスクのバックに似ています。

ドラゴンリーのマスクの表側は、ちょっと違うので、他のマスクで考えてみると、新日本プロレスレスラー・BUSHIのマスクに似ているかもと思います。

こちらも、わたし個人が似ているなと思っているだけなので、実際のモデルはわかりません(笑)

親の介護のために、プロレスレスラー引退した寿一。

1話からいきなり、プロレスから離れるの?そんなことを想いながら見ていると、能楽者でありながら、プロレスレスラーとしてリングに立つという、奇想天外な発想が面白いですよね。

実際に、こんな風になっているレスラーがいるのだろうか?

いたら面白いのに・・・と思ってしまいます。

俺の家の話 第七話 世界一かっこいい!ぼくのお父さん | Paravi(パラビ)で見る
寿一(長瀬智也)は、さくら(戸田恵梨香)から旅行中の告白の返事を迫られるが、返答に窮する。一方、元妻・ユカ(平岩紙)とは秀生(羽村仁成)の親権問題が起きて…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました